初めてのキャッシング

Web完結の即日キャッシングには一定の条件が必要です

Web完結申し込みを謳ったキャッシングの広告を多く見かけるようになりましたが、即日キャッシングが実際に可能となるかは未知数です。

なぜなら、Web完結申し込みが出来ても、即日キャッシングに至らない可能性があるからです。

すぐに借入を行いたい場合には、即日キャッシングを行なうための条件を同時に把握してから申し込む必要があります。

Web完結申し込みには落とし穴に注意しよう

申込方法がインターネットから出来るために、簡単申し込みという意味合いでWeb完結を使用しているキャッシング広告が目立ちます。

Web完結という部分が、最初のインターネット経由での申し込み手続きの部分に対してのものなのか、審査完了までを指しているのかが良く分からないケースが少なくありません

インターネット経由で個人情報や勤務先情報などの本審査に必要な項目を記入して送信すると、貸金業者側で情報を確認次第、本人確認と申し込み意思の確認電話が掛かってくることが通常です

個人情報を知っている人が悪戯申し込みを行なったり、不正申し込みを避ける狙いがあります。

確かに本申込までをインターネット経由で行えば、Web完結申し込みにはなるものの、電話連絡が必要となる段階で本当の意味でのWeb完結とは言えないでしょう。

どこまでのWeb完結を重視するのか決めておきましょう

Web完結出来る最大のメリットは、電話連絡に出られなくても審査手続きが進むことにあります。

電話連絡が発生するタイミングは、インターネット経由で申し込みを行なった際には、本人確認時と勤務先への在籍確認電話時の2回です。

本人確認電話は、本人による申し込み意思確認が主な目的ですから、休み時間に折り返し連絡を行なうだけで十分に役目を果たすでしょう。

しかし、勤務先への在籍確認電話については、本人が出る必要はなく間接的であっても席を外している等の案内があれば良いわけです。

勤務先の方針により、社員の在籍確認に対しては事前申告制でいつ誰から何の目的で在籍確認電話が入るのか申請しない限りは、一切対応しないセキュリティーが強い会社に勤務している人もいるでしょう。

勤務先への在籍確認が取れなければ、安定した収入がある証明にはならないので、本審査に通過することが難しくなるわけです。

Web完結を本当に必要としているのは、在籍確認電話までを省略した審査完了までをWeb完結して欲しい人と考えられます

貸金業者の中には、在籍確認方法として電話連絡に拘らずに書面による在籍確認に応じている所があります。

Web完結申し込みを行なう際には、書面による在籍確認を行なう貸金業者を選択すると良いでしょう。

即日キャッシングを最優先とするのか考える

書面による在籍確認に対応している貸金業者ならば、申し込み手続きから本審査完了までをWeb完結出来る可能性が高いと考えられます。

本審査が完了した後に実際の借入を即日行いたい場合には、専用ローンカードの発行を即日受けられるのかが問題となるでしょう。

自動契約機コーナーで発行可能な消費者金融がありますが、借入までをWeb完結出来たら理想的でしょう。

申し込みから即日キャッシングまでを全てWeb完結出来る貸金業者も僅かながら存在していますが、本審査までをWeb完結出来る貸金業者は複数あるので、即日キャッシングを最優先とするならば、最後の専用ローンカード発行部分については妥協しても良いと考える方法もあります。

なぜなら、郵送で専用ローンカードを発行するには数日掛かってしまい、銀行のキャッシュカードにカードローン機能を付加する方法では、そもそも特定銀行の口座を開設している必要があるからです。

誰でもWeb完結申し込みが可能で、即日キャッシングを行なうためには、最後の専用ローンカード発行については自動契約機コーナーによる受け取りを考慮しても良いと考えられます。

全ての条件を満たすWeb完結申し込みは少ない

申し込みから本審査に至るまでだけでなく、実際の即日キャッシングまでもWeb完結を行なう方法を採用している貸金業者は少ないです。

消費者金融のモビットでは、解決方法としてカードレスにするという方法を採用することで、Web完結申込みにより即日キャッシングまでを電話連絡一切なしで行なうことが出来ます。

しかし、三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行の銀行口座のどちらかを借入時の振込入金と返済引き落とし口座として利用する必要があることと、社会保険に加入していて勤務先会社名入りの健康保険証が少なくとも必要です。

在籍確認を会社名入りの健康保険証を画像データとして専用サイトからアップロードすれば、在籍確認を書面確認にて行なうことが可能となります。

申し込み時に誤入力や個人信用情報機関へ登録されている内容と異なる申告を行なった場合には、本人に電話連絡する必要が出てしまうので、申し込み前には信用情報を確認しておけば間違いないでしょう。

今まで電話連絡による勤務先への在籍確認で審査落ちしていたならば、Web完結申込みが出来るカードローンは貴重な存在です。

 

関連記事

  1. キャッシング知恵袋

    カードローンでキャッシングの前に!信用情報について知っておこう!

    急にお金が必要になったけれど手元に資金が足りない。そんなとき、即日…

  2. 初めてのキャッシング

    即日キャッシングで今すぐお金を借りる方法を知ってますか?

    今すぐ(即日)キャッシングでお金を借りる方法キャッシングやカードロ…

  3. キャッシング知恵袋

    女性専用のキャッシング レディースローンとは?特徴を徹底解説!

    女性専用のキャッシング レディースローンを徹底解明自分以外の人には…

  4. キャッシング知恵袋

    カードローンとは?金利や審査の仕組みを徹底解説!

    カードローンを検討しはじめた方で、どんなものがあるのか調べたことがある…

  5. 消費者金融の在籍確認

    初めてのキャッシング

    消費者金融からお金を借りると、会社に在籍確認の電話が来ると思って…

    『在籍確認の電話はイヤだな~』そんなふうに思っている人は多いも…

  6. キャッシング知恵袋

    無利息キャッシングは本当にお得?利息無しでお金を借りる方法を解説!

    キャッシング会社によっては利息無しでお金を借りられるのをご存知でしょう…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 消費者金融の在籍確認
  1. キャッシング知恵袋

    カードローンの契約があると住宅ローン審査に影響が出る
  2. キャッシング知恵袋

    便利なWEB(ネット)完結キャッシングは、どんな人に向いてる?
  3. キャッシング知恵袋

    土日のキャッシング利用時、在籍確認はどうするか?
  4. キャッシング知恵袋

    銀行カードローンより消費者金融の方が審査が甘い5つの要因
  5. キャッシング知恵袋

    家族バレが心配?キャッシングを郵送物なしで利用する方法
PAGE TOP