お金の色々

銀行カードローンの問題点を知っておけば多重債務者にならずに済みます

低金利をウリとしている銀行カードローンが多いものの、総量規制対象外という理由から返済能力を超えた貸し付けが行われている懸念があります。

消費者金融や信販会社に対して行われている総量規制は、多重債務者を防ぐ取り組みとして行われているので、銀行カードローンを利用する際には完済出来る計画を立ててから利用することが望ましいです。

 

手軽に利用できるようになった銀行カードローンにも、少なからず問題点があると知っておくと良いでしょう。

消費者金融よりも審査が厳しい

銀行カードローンは、消費者金融とは異なり利息制限法で定められた上限金利よりも明らかに低い金利で貸し付けが行われていることが多いです。

銀行により金利設定には幅があり、同じカードローン商品であっても、申込者の返済能力に応じた金利設定が行われているケースも少なくありません。

 

低金利で行われる融資ほど、貸し倒れリスクを低く抑える必要があるので、審査を厳しく行う必要があります。

消費者金融よりも銀行カードローンの金利が低い分だけ、審査も厳しいことを覚悟しておく必要があります。

 

銀行カードローンに申込みを行なったとしても、必ずしも審査に通過出来るとは限りません。

審査に通過できなければ融資を1円も受けることが出来ないので、銀行カードローンの申し込み先は慎重に選ばなければなりません。

保証会社次第で融資が行われている

銀行カードローンが低金利融資を行える理由として、保証会社の存在があります。

 

銀行は長年有担保ローンと目的ローンを中心に融資を行なってきたので、カードローン事業については信販会社や消費者金融ほど豊富な貸し付け実績がありませんでした。

そこで、保証会社として信販会社や消費者金融に参加してもらうことで、ノンバンクによる即日審査を行えるシステムを利用することにしたわけです。

 

銀行カードローンの融資を受けるためには、指定する保証会社との保証契約を結べることを条件とし、保証会社として提携関係にある信販会社や消費者金融を指名しています。

銀行カードローンの中でも即日審査に対応している銀行では、保証会社として大手信販会社や消費者金融を採用しているので、即日審査は長年のノウハウからいつでも行えるわけです。

つまり、過去に保証会社として銀行から指定されている信販会社や消費者金融と滞納トラブルを起こした履歴がある場合には、該当する銀行カードローンの審査に通る可能性はほとんど無いでしょう。

 

銀行カードローンの審査に通過するかどうかは、実質的な審査を行う保証会社次第となります。

代位弁済が行われるのが早い

消費者金融よりも低金利で銀行カードローンが融資できる理由として、保証会社による保証契約の存在があります。

 

債務者が延滞事故を起こした際には、長期延滞となった時点で銀行は保証会社に対して代位弁済を請求すれば、貸し付け残高を一括返済してもらえるので、銀行は貸付金全てを回収可能です。

代位弁済が行われると同時に、銀行カードローンは強制解約となるので、二度と同じ銀行カードローンを利用出来ないだけでなく、代位弁済が行われた事実が加盟している個人信用情報機関へ異動情報として登録されてしまい、他の借入先に対しても途上与信段階で知られてしまうでしょう。

 

代位弁済請求が保証会社に対して行われるまでの期間が早いので、滞納から延滞に切り替わった時点で覚悟を決めておく必要があります。

債務整理を検討しなければならないタイミングが、消費者金融からの借り入れよりも早いと考えれば良いでしょう。

 

61日以上の滞納または3ヶ月以上の滞納が延滞扱いとなりますが、延滞事故と認められた時点ですぐに銀行は保証会社に対して代位弁済請求が行われると考える必要があります。

銀行カードローンの借りすぎに注意が必要です

信販会社や消費者金融であれば、貸金業法に基づく総量規制により年収の1/3を超える借り入れが出来ません。

しかし、銀行法に基づく貸し付けを行う銀行カードローンでは、年収が高く安定した職業に就いていて勤続年数が長ければ、1社から数百万円の利用限度額を設定してもらえる可能性があります。

 

確かに100万円を超える利用限度額設定がされれば、利息制限法により定められた法定金利の上限が引き下げられるので有利に思われがちですが、銀行カードローンでは最初から低金利融資が行われているので、多すぎる利用限度額設定は問題です。

与信力の高さと今までの返済実績から、利用限度額増額案内が銀行からインビテーションという形で送られてくるので、つい増額に応じてしまいがちです。

しかし、銀行カードローンの利用残高は、借金であることに変わりは無いので、利用残高を増やしすぎることは避けなければなりません。

 

銀行としては、カードローンの利用残高が継続してゼロとならなければ、利息が入ってくるので収益が上がります。

しかし、常時借り続けてしまうと借り入れに対して感覚が麻痺する傾向にあるので、余りにも多い利用限度額設定は借りすぎを引き起こしかねません。

関連記事

  1. お金の色々

    債務整理のメリット、デメリットは?知っておきたい4つのこと

    債務整理のメリット、デメリットは?知っておきたい4つのこと今回は、…

  2. お金の色々

    カードローンを利用してお金を借りた時に返済を延滞するデメリットと対処法

    カードローンのサービスは銀行や消費者金融が提供していますが、お金を借り…

  3. お金の色々

    カードローンを専業主婦が借入する方法は銀行カードローンが主流です

    カードローンの契約を行なうためには、本人の収入証明書を必要とする機会が…

  4. お金の色々

    節約の目標を立てるのに役立つ「SMART」という考え方とは?

    普段、他の記事では、お金を借りることを中心にお話ししていますが、今回は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. キャッシング会社比較

    はじめてのアコム♪を、5分以内に理解するまとめ
  2. キャッシング知恵袋

    総量規制とは?
  3. キャッシング知恵袋

    カードローンの限度額について仕組みを知っておくことが大切です
  4. キャッシング知恵袋

    個人向けと事業用カードローンを自営業では使い分ける
  5. キャッシング知恵袋

    無職だとカードローンはダメ?無職でも利用できる人とは?
PAGE TOP