キャッシング知恵袋

無利息キャッシングは本当にお得?利息無しでお金を借りる方法を解説!

キャッシング会社によっては利息無しでお金を借りられるのをご存知でしょうか?

できることなら利息は払いたくないというのが正直なところですよね。そこで今回は一部のキャッシング会社が提供しているサービス無利息キャッシングについてご紹介します。

無利息キャッシングとは?

まずは無利息キャッシングとは何なのか?について見ていきましょう。無利息キャッシングとは文字通り、一定期間、利息が一切かからないサービスのことです。

たとえば、「契約日の翌日から30日間利息0円」というサービスであれば、30日間は利息0円でお金を借りることができます。無利息期間中に完済すれば、返済は元金のみということになります。

無利息開始のタイミングに注意

無利息期間が開始されるタイミングは、提供するキャッシング会社によって異なりますので、注意が必要です。開始となるタイミングは「契約日の翌日から」と「初回借入日の翌日から」の2つが主となります。特に注意したいのが前者の「契約日の翌日から」です。「契約日の翌日から」の場合、借り入れしていなくても自動的に無利息期間が始まってしまいますので、契約してから借り入れするまでに間が空いてしまうと、その分無利息期間が減ってしまうことになります。

中には、借り入れしないで無利息期間が終わってしまった経験をされたことがある人もいるくらいですから、「契約日の翌日から」無利息期間が開始になる場合は、できるだけ早くに借り入れしないと損してしまいますので覚えておくと良いでしょう。

無利息期間中に返済日が到来した場合は通常通りの返済

無利息期間中に返済日が到来することもありますが、その場合返済は通常通り行います。ただ無利息期間中であることに変わりはありませんので、支払った分はすべて元金返済に充てられます。無利息期間が終了すると、その翌日から利用残高に対して利息がかかってきます。

無利息期間中に延滞すると無効になる

無利息期間中に返済日が到来したいにもかかわらず返済せず延滞すると、翌日に無利息期間は終了となり、利息が発生します。

キャッシング会社によっては、はじめから無利息期間がなかったものとして借り入れした日から利息が発生するところもありますので、くれぐれも返済の延滞をしないように気を付けましょう。しかも延滞すると、遅延損害金を支払わなければいけません。得するどころか損してしまう羽目になります。遅延損害金は利息とは別に払う必要があり、遅延損害利率はおおむね20%となります。

各社の無利息キャッシングを比較

商品名 金利 無利息サービス
期間 適用条件
プロミス 4.5%~17.8% 初回借入日の翌日から30日間
  • メールアドレスの登録
  • WEB明細に設定
アコム 3.0%~18.0% 契約日の翌日から30日間 返済日を35日ごとに設定
アイフル 4.5%~18.0% 契約日の翌日から30日間
ノーローン 4.9%~18.0% 借入日の翌日から7日間 2回目以降は完済した翌月から利用可能
レイクALSA 4.5%~18.0% 契約日の翌日から30日間
契約日の翌日から180日間
  • 利用限度額200万円以下の人
  • 借入額5万円までが適用
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 2.5%~18.0% 初回借入日から30日間

一見すると同じように思えますが、無利息期間と適用条件に違いがあります。

プロミス、ノーローン、ジャパンネット銀行ネットキャッシングは借り入れすると無利息期間が開始となるタイプです。
これに対し、アコム、アイフル、ノーローン、レイクALSAは契約日の翌日から自動的に無利息期間が開始されます。

この中で、他社と違ったサービスを提供しているのがレイクALSAとノーローンです。

レイクALSAは、2種類の無利息キャッシングを提供しています。

「契約日の翌日から30日間無利息」は金額の上限がありません。
「契約日の翌日から180日間無利息」は上限5万円までとなります。

たとえば、20万円借り入れして「180日間無利息」を適用すると以下のとおりです。

5万円分は無利息

5万円×18.0%÷365日×30日=739円
利息は0円

15万円分に対して利息が発生する
15万円×18.0%÷365日×30日=2219円
15万円に対してかかる利息額は約2219円

レイクの「180日間無利息」は、無利息の適用期間が長いですが、5万円までが対象と少額です。少しだけお金を借りたいけど、一括で返済は難しいという人にオススメのサービスです。

ノーローンは、無利息期間が7日間とかなり短いですが、完済すると再び無利息キャッシングを利用することができる珍しいタイプです。制限がありませんので、何度でも無利息期間を利用できるのはありがたいですね。たとえば、給料日前などに決まってお金が足らなくなる人であれば、ノーローンの1週間無利息キャッシングは便利です。ただし、適用期間は短いですから、あくまでも一時的にお金がピンチになる場合にのみ最適といえます。

無利息キャッシングの活用術

無利息キャッシングの活用例をご紹介します。無利息キャッシングは、利用する人すべてにメリットがあるサービスですが、特におすすめしたいのが、「短期借り入れを目的としている人」「近日中に完済できる人」です。

無利息期間内に完済できれば、支払利息は抑えられるどころか、一切利息を払わなくて済みます。つまり元金だけの借り入れができますので、低金利の銀行カードローンで借りるよりもお得ということになります。

無利息期間中に追加の借り入れをするとどうなるの?

たとえば、プロミスの無利息キャッシングは借入日の翌日から無利息期間が開始されますが、途中で追加の借り入れをした場合、無利息期間はどうなるのでしょうか?

無利息期間中に追加借り入れをした場合、追加の借り入れ分も含めて期間中は無利息が適用されます。たとえば、初回に15万円借りて追加で5万円借りた場合でも、期間中であれば20万円に対して利息は一切かからないということです。

ただし追加の借り入れをしても無利息期間の開始日は変わりません。たとえば30日間無利息キャッシングで、5月1日に初回借り入れした場合、5月2日から30日間が無利息期間となりますが、5月15日に追加借り入れしたからと言って5月16日から新たに無利息期間が開始され、そこから30日間利息がかからないというわけではないのです。
この場合、あくまでも5月2日から30日間が無利息期間となり、途中で追加の借り入れをしても無利息期間が変わることはありません。

無利息期間中に完済したら終了なの?

無利息期間中に完済した場合、そこで無利息期間は終了になると思っている方も結構多いですが、完済後も期間が残っていれば無利息キャッシングは利用できます。ただし、完済したからと言って借り入れしない限り、残りの無利息期間は再開されないというわけではありませんので注意してください。

たとえば無利息期間が残り15日間あって完済した場合、その翌日に追加借り入れした場合は無利息期間が14日間適用されます。

無利息キャッシングはどれぐらいお得なの?

無利息キャッシングがお得なのはなんとなく分かっても、具体的にいくらぐらいお得になるのか気になるところ。ここでは無利息キャッシングを利用して借り入れた場合に、利息をいくらぐらい節約できるのかご紹介します。

30万円を無利息キャッシングで借りる場合

30万円を金利18.0%で借りる場合、30日でかかる利息は以下のとおりです。
30万円×18.0%÷365日×30日=4438円
30日間の利息は約4438円ですが、30日間無利息キャッシングを利用すれば利息は0円になります。

もちろん30日以内に全額返済すれば元金のみの返済で済ませることができますし、31日以上お金を借りる場合でも当初30日間分の利息は一切かかりませんのでお得です。借入額が大きくなるほど、無利息キャッシングのメリットは大きくなります。

30万円を金利18.0%で借りて、40日後に返済する場合の利息は以下のとおりです。
30万円×18.0%÷365日×40日=5917円
本来であれば利息は5917円かかりますが、30日間は無利息なので、利息が発生するのは10日分と言うことになります。
30万円×18.0%÷365日×10日=1479円

利息無しで返済するならネットバンキングがおすすめ

キャッシングでお金を借りた場合、通常はリボ払いで返済することになります。キャッシング会社によって決められた返済日に、決められた金額を返済するだけでは無利息キャッシングの恩恵をあまり受けることができません。無利息期間を過ぎてしまえば、1日ごとに利息が発生しますので、利息無しでお金を借りたいのであれば、無利息期間中に全額返済しなければいけません。

意外と知らない人が多いですが、キャッシングは繰り上げ返済や一括返済をすることができます。キャッシング会社が決めた約定返済額以上の金額を返済することができますので、無利息のまま終わらせるためにも繰り上げ返済や一括返済の方法を知っておくと良いでしょう。

今はほとんどのキャッシング会社でインターネットバンキングより繰り上げ返済や一括返済をすることができます。

たとえば消費者金融のプロミスなら会員ページより「一部返済」「全額返済」「金額指定返済」の3つの方法から返済することができます。全額返済が難しくても約定返済額よりも多めに返済しておくと利息を抑えることができるようになりますので、積極的に活用すると良いでしょう。無利息期間中の返済はすべて元金の返済に充てることができますので、多く払えば払うほど利息の節約につながります。

ATMで返済することも可能ですが、硬貨の取り扱いをしていないところが殆どですので、仮に全額返済する場合に端数がピッタリ返済できない可能性があります。この場合、1000円単位で払うことになり実際の借入額よりも多く入金しないといけず、払いすぎた分は次回の借り入れ時に相殺するか、銀行振り込みで返してもらうことになります。これが面倒と思うのであれば、インターネットバンキングで返済するのが良いでしょう。

【驚愕】プロミスの無利息キャッシングは延長できる

意外と知られていませんが、プロミスでは独自のポイントサービスを提供しており、このポイントを活用することで無利息キャッシングを延長したり再び利用することができます。

プロミスの無利息キャッシングは30日間で使用できるのは1回限りとなりますが、ポイントを貯めることで無利息期間を延長することもできるのです。

ポイントごとの無利息期間は以下のとおりです。

・250ポイント⇒7日間無利息
・400ポイント⇒15日間無利息
・700ポイント⇒30日間無利息

ポイントの貯め方は以下のとおりです。

対象サービス 獲得ポイント数 条件
プロミスポイントサービス申込 100ポイント 初回登録時のみ、ポイント獲得
プロミスインターネット会員サービスログイン 10ポイント 毎月初回ログイン時のみ、ポイント獲得
プロミスインターネット会員サービス内の「プロミスからのお知らせ」の確認 5~20ポイント ポイント獲得対象となるものとならないものがあるので注意

ポイント獲得対象となるお知らせにはお知らせ内に獲得ポイント数が記載されます

収入証明書類の提出 160ポイント 収入証明書類提出でポイント獲得
返済日お知らせメール 各1ポイント 毎月月末時点で対象サービスの利用を登録している場合に、各サービスにつき1ポイント獲得

月の初めにログインするだけで10ポイントを獲得することができるのはありがたいですね。更にプロミスでは返済期日が近づくとメールにお知らせしてくれる便利なサービスもあり、これに登録した場合もポイントが付与されます。他にも取引確認のメール、パソコンやスマホによる書面受取サービスにも登録すればポイントを獲得できます。

プロミスからのお知らせを確認するだけでもポイントが付与され、最大で20ポイント貰えることもあります。

ポイントは無利息キャッシングだけでなく、提携ATMの利用手数料を無料で利用することもできます。プロミスは、自社ATMと三井住友銀行のATMのみ手数料無料となり、その他のATMでは手数料が有料となりますので、ポイントを貯めてコンビニなどの提携ATMでの利用手数料を無料にするのも良いでしょう。

まとめ

無利息キャッシングは、誰にもメリットのあるサービスです。特に短期間で完済予定がある方や、少額の借り入れを予定している方におすすめです。

上手く活用すれば銀行カードローンで借りるよりもお得になります。無利息キャッシングは主に消費者金融で提供しているサービスです。利息無しでお金を借りたい人は、消費者金融での借り入れを検討すると良いでしょう。

関連記事

  1. キャッシング知恵袋

    カードローンの専用ローンカードは即日発行出来る条件が決まっている

    カードローンの申込みを行なった後で、即日融資が受けられないことが判明し…

  2. キャッシング知恵袋

    カードローンは返済計画がすべて!賢く借りて賢く返すその方法とは?

    カードローンで借入をすれば、当然返済する必要があります。カート…

  3. キャッシング知恵袋

    カードローンの契約があると住宅ローン審査に影響が出る

    住宅ローンの借入を考えている際は、借入を検討している銀行や信用金庫から…

  4. キャッシング知恵袋

    銀行と消費者金融のカードローンのサービスを上限金利、融資スピード、サービス面で比較

    カードローンのサービスは基本的に銀行と消費者金融の2種類があります。…

  5. キャッシング知恵袋

    カードローンの申し込みをする時に嘘をついてしまう5つの例

    銀行や消費者金融のカードローンのサービスを利用してお金を借りる時は審査…

  6. 消費者金融の在籍確認

    初めてのキャッシング

    消費者金融からお金を借りると、会社に在籍確認の電話が来ると思って…

    『在籍確認の電話はイヤだな~』そんなふうに思っている人は多いも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 消費者金融の在籍確認
  1. キャッシング知恵袋

    キャッシングの連続申込みは、審査落ちしやすいのか?
  2. キャッシング知恵袋

    個人向けと事業用カードローンを自営業では使い分ける
  3. 初めてのキャッシング

    Web完結の即日キャッシングには一定の条件が必要です
  4. キャッシング知恵袋

    カードローンとは?金利や審査の仕組みを徹底解説!
  5. キャッシング知恵袋

    家族バレが心配?キャッシングを郵送物なしで利用する方法
PAGE TOP