キャッシング知恵袋

フリーターが即日キャッシングを受けるためには下調べが重要です

フリーターであっても、毎月安定した収入があれば、カードローンの申し込みは可能です。

しかし、下調べを行なってから申し込み先を選ばないと、審査落ちによる時間ロスが発生しやすく、即日キャッシングから遠ざかることになりかねません。

 

フリーターでも即日キャッシング可能なカードローンには特徴があるので、借入しやすい貸金業者を選ぶことが大切です。

年収を知って総量規制の範囲内で借りるなら消費者金融

フリーターとしての勤務歴が半年以上あるならば、年収を予測出来るので総量規制の範囲内で借入が可能です。

改正貸金業法で定められた総量規制は、年収の1/3を超える貸付が原則として禁止されているので、年収の1/3迄の範囲ならば借入出来る可能性があります。

 

消費者金融は、フリーターであっても毎月給与振込が発生していて、固定シフトで仕事に入れている状態が続いていれば、柔軟な審査に応じています。

フリーターの特徴として、雇用の不安定さがありますが、ダブルワークにも対応出来るので、レギュラーバイトとして半年以上継続勤務出来ていれば、審査対象となるわけです。

 

高額な借入には対応出来ないものの、最初に申込むならば消費者金融から入る人も少なくありません。

銀行カードローンなら総量規制対象外のメリットを活かせる

毎月安定した給与振り込みはあるものの、借入希望額が年収の1/3を超える可能性がある場合には、銀行カードローンを選択肢に入れると良いでしょう。

なぜなら、銀行カードローンは、総量規制対象外となっているので、審査次第では年収の1/3を超える貸付を受けることが出来るからです。

 

1年程度継続して勤務しているアルバイト先があれば、審査に通過する可能性があります。

しかし、全ての銀行カードローンがフリーターに対して即日キャッシングを行っているわけではなく、アルバイト・専業主婦でも申込可能としている銀行を選ぶと良いでしょう。

最初からフリーターに対しても審査を行なうことを明言しているので、少なくとも門前払いされる可能性は低いでしょう。

 

更に、簡易審査を導入している銀行カードローンならば、本申込をする前に属性による審査を受けることが出来ます。

最初から通過見込みが少ない銀行カードローンを候補から外すことが出来るので、簡易審査は銀行カードローン申し込み時に必須となるでしょう。

 

一部消費者金融でも仮審査として導入されているので、スコアリング審査は申し込み先検討時の判断材料となります。

専用ローンカードの発行がポイントになる

カードローンの申し込み先をある程度絞った段階で、次に問題となるのは即日キャッシングを受けられるかどうかです。

大手消費者金融の多くは自動契約コーナーを設置しているので、カードローン申し込みを直接行なうことも可能ですが、必要書類が不足する可能性を考慮すると自宅からインターネット経由の申し込みを行い、専用ローンカード受け取りに自動契約コーナーを利用する方法が効率的と考えられます。

審査に通過してから自動契約コーナーへ出向いて、専用ローンカードを発行し、ATMにて借入を行えば即日キャッシングが出来るわけです。

 

一方、銀行カードローンでは、銀行のテレビ窓口を利用した専用ローンカードの受け取りが可能です。

給与振込口座として利用している銀行のキャッシュカードがあれば、専用ローンカードを発行する必要が無い方式を採用している銀行もあるので、銀行カードローンを申し込み先候補とする際には、即日キャッシングを受けるために必要なカード受け取りをどのようにするか考えておく必要があります。

 

一部の銀行カードローンでは、キャッシュカードをATMに挿入すると、今までは表示されなかったカードローンメニューを選択出来るようになり、審査に通過すれば即日で全国のATM経由のキャッシングが出来るようにシステムを組んでいる所もあります。

少なくとも、郵送による専用ローンカードを受け取るまで借入が出来ないカードローン商品を選択しないように注意する必要があります。

カードレスタイプは土日の振込に注意が必要

銀行と消費者金融の中には、WEB完結申込みに対応しているカードローン商品を展開している貸金業者もあります。

即日キャッシングを受けるためには、専用ローンカードの発行が必須と思われがちですが、スマートフォンが普及したことにより、会員サイト経由で振込キャッシングを行えるシステムを作りやすくなりました。

 

申し込みから審査完了までをWEB完結にて行い、会員サイトへのアクセス環境を整えれば、カードローンでありながらカードレスキャッシングを可能とする仕組みが揃うわけです。

しかし、カードレスタイプのカードローンを利用する際には、キャッシングを行なう際に振込融資を受ける必要があるので、土日の融資に対して制限がかかる可能性を考慮しなければなりません。

 

平日の14時過ぎまでに審査が完了しなければ、即日キャッシングが受けられないカードレスキャッシングでは、週明けまで借入が出来ない状況となりかねません。

この点は、振込融資を行なう際に他銀行への振込は、銀行間の決済システムの運営時間に縛られるために発生するので、同一銀行間の取り引きが出来る銀行カードローンを選べば土日や深夜であっても振込融資が受けられます。

下調べをしっかり行なってからカードレスタイプのカードローンに申し込めば、土日の振込融資に対応した商品が見つかるでしょう。

関連記事

  1. キャッシング知恵袋

    カードローンの限度額について仕組みを知っておくことが大切です

    カードローンの広告には、限度額最高いくらまでといった表記がよく行われて…

  2. キャッシング知恵袋

    銀行カードローンより消費者金融の方が審査が甘い5つの要因

    カードローンは銀行と消費者金融がサービスを提供していますが、両社とも申…

  3. キャッシング知恵袋

    カードローンの契約があると住宅ローン審査に影響が出る

    住宅ローンの借入を考えている際は、借入を検討している銀行や信用金庫から…

  4. キャッシング知恵袋

    カードローンでキャッシングの前に!信用情報について知っておこう!

    急にお金が必要になったけれど手元に資金が足りない。そんなとき、即日…

  5. キャッシング知恵袋

    無利息キャッシングは本当にお得?利息無しでお金を借りる方法を解説!

    キャッシング会社によっては利息無しでお金を借りられるのをご存知でしょう…

  6. キャッシング知恵袋

    無職だとカードローンはダメ?無職でも利用できる人とは?

    お金がどうしても必要となるときがあるものです。無職だからこそ収…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. お金の色々

    債務整理のメリット、デメリットは?知っておきたい4つのこと
  2. 初めてのキャッシング

    即日キャッシングで今すぐお金を借りる方法を知ってますか?
  3. キャッシング知恵袋

    カードローンの審査は注意点を把握すれば怖くない
  4. キャッシング知恵袋

    カードローンは返済計画がすべて!賢く借りて賢く返すその方法とは?
  5. キャッシング知恵袋

    無職だとカードローンはダメ?無職でも利用できる人とは?
PAGE TOP